6月 042016
 

ウォーレン・バフェット氏はこう言っている。

 

まずは、25個のやりたいことを抜き出す。

その中でやり遂げたい5個を選択する。

残りの20個はゴミ箱にすてる。

5個に集中すれば人生は豊かになる。

 

という事で早速、25個のやりたいことを抜き出してみる。

  1. 両親に恩返しをする。
  2. 福岡に恩返しをする。
  3. 奥さんがリタイアしても良いぐらい稼ぐ。
  4. 受託開発を何処かに引き継ぎ、自分の作りたいサービス制作に専念できるようにする。
  5. 世界の人が使用するような自社サービスを制作する。
  6. 福岡に図書館を建てる。
  7. タンスにしまっているロレックス(GreenSub)を付ける。
  8. ヴィトンの長さ財布を購入する。
  9. お金を気にしないで新車を購入する。
  10. 福岡で納税Top10に入る。
  11. 孫さんと握手をする。
  12. 藤田晋さんと握手をする。
  13. エンジェル投資家になる
  14. ・・・・息切れ

 
 

と書いていたが、さすがに25個はぱっと思いばない。。

とりあえず5個をセレクトしてみた。
 

  1. 両親に恩返しをする。
  2. 福岡に恩返しをする。
  3. エンジェル投資家になる。
  4. 福岡に図書館を建てる。
  5. 福岡で納税Top10に入る。(参考)

 

書いていて気づいたのだが、以下の事が実現すればほとんどのやりたい事が実現する事に気づく。

 

お金を定期的に稼げる自社サービスを作る。

 
 

という事で、今はこの項目実現に向けて前進しようと思う。

自社サービス(アプリ関連上場企業 分析サイト)を完成させ、5個とは言わずに全12項目を実現しやす!!

 

参考URL:http://www.lifehacker.jp/2014/10/141003buffett.html


5月 262016
 

30歳になった時ほどのショックはないですが、それでも多少のショックはあります。

それでは、39歳を振り返ってと、今後の40歳をどう過ごすかについて考えてみます。
いつも使ってる5つのカテゴリについて1つ1つ見てみようと思います。

○健康

第1回福岡マラソン時の時より5kg重い。
今の体で階段を使うときもかなり息があがってしまう。

今度の沖縄旅行時までに、67kgにはなろうと思う。
(その他は、別段故障などは無く健康な感じです。)

○仕事

これは色々書きたいことがある。
第2期が1か月後に終わるのでその時にまとめて書く。

○財力

今、趣味の延長で作っているサービスが出来れば早期引退が出来る。
早く親への借金を返し、皆に恩返しをしたい。

○家庭

今年のメインイベントとして沖縄旅行をセッティングした。
次の旅行時には、我が家だけではなく、両家の両親を連れて行けるようにししたい。

○趣味・教養

一番、僕とは無縁なカテゴリ。なので省略する。
しいて言えば、趣味・教養≒仕事 といったところでしょうか。

ちょっと簡単にまとめすぎたかな(^^;

ではでは、こんな感じですが、生座本 真@40歳をどうぞよろしくお願い致します!

「 日々、己に克ち1歩1歩進んでいく。人生、倒れる時は前のめりだ!! 」

この精神でさらなる成長をし、40歳街道を進んで参ります!!!

ちなみに過去の似たような記事はこちら。

・39歳になりました
・37歳は僕にとって夢をかなえる歳 
・36歳のミッション・ステートメント


9月 252013
 

 

さようなら、ロリポップレンタルサーバー

こんにちは、エックスサーバー

 

ということで、一連の騒動で嫌な思いをしたし、サーバー更新期限も近い事だしロリポップレンタルサーバで運用していたサイトをエックサーバーに移行する事にした。その時の移行方法をアップしました。(この記事では静的ページの移行方法を紹介しています。
ǂ    


9月 212013
 

元々の題名: 『ロリポップレンタルサーバのブログが乗っ取られたので自力で復旧してみた』

今の題名:『ロリポップレンタルサーバのブログが乗っ取られたので自力で復旧してみた⇒対応が悪く腹が立ったのでエックスサーバに移行したった 』

 
ǂ    


8月 052013
 

 
Yahoo! 掲示板で誰かがガンホーの成績をアップしてくれと言っていたので以下の画像をアップします。
ガンホーの売上推移グラフはアップしていませんが、コメントorメール依頼があればアップします。

他の日本企業も分析していたので色々なマークがついています。
Gree、DeNaはそこそこの成績で頑張っています。近日決算なのでどのような動きになるか見ものです。
ǂ    


7月 102013
 

 
 本屋に平積みされており、パラパラと内容を見たら文章が読みやすく面白かったので購入。
 読み切った後に、死について考える良い機会となったので★4つ。
 
 死というテーマは何世紀経っても取り上げられるテーマ。
 死と隣り合わせになって初めて考えるのではなく、事前に知る事は大事なこと。
 実際に死を考えてみて身を持って思い知った。
 
ǂ    


Get Adobe Flash player