7月 102013
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あした死ぬかもよ?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Post to Google Buzz
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

 
 本屋に平積みされており、パラパラと内容を見たら文章が読みやすく面白かったので購入。
 読み切った後に、死について考える良い機会となったので★4つ。
 
 死というテーマは何世紀経っても取り上げられるテーマ。
 死と隣り合わせになって初めて考えるのではなく、事前に知る事は大事なこと。
 実際に死を考えてみて身を持って思い知った。
 

 
 ★★★★
 
 
 健康時に一度自分の死をイメージして真剣に向き合う事が出来れば今の自分をより知る事が出来る。
 死を知ることで生を知る。影があるから光を知ると同じようなものだろう。
 
 以下内容はAmazonより抜粋
 
 

 
 「いつ最後の日が来ても後悔はない」。そう胸をはって言える人生を送っていますか?

人は、なぜかみな、「自分だけは死なない」と思っているものです。
でも、残念ながら、みな、いつか必ず死にます。それを受け止めることこそ、「生」を輝かせることにつながります。
自分が「いつか死ぬ身である」ということをしっかり心に刻み込めば、自分のほんとうの気持ちに気がつき、もっと自分らしく、人生を輝かせることができるのです。
本書では、ひすいこたろうが、27の質問を投げかけます。「あなたが両親を生まれてきたのだとしたら、その理由はなんだろう?」
「いま抱えている悩みは、たとえ人生最後の日であっても、深刻ですか?」「もし今日が最後の日だとしたら、今日やろうとしていたことをする?」などといった質問のほか、
自分の墓碑銘や死亡記事を書いてみるワークも。今生きているということこそ、奇跡であることを受け止め、新しい自分で、新しい人生を歩き始めてみませんか?
 

 
 
 ということで、死について考えた事をツラツラと書き出してみる。アウトプットすることで頭の中が整理されるからね。
 
 
 ●明日死ぬと判った時、どうするか?
  
  交通事故死のようなことが明日突然わが身に起こるかもしれない。
  だから後悔しないように今を生きようという考えなのだろうが今いち僕にはピンとこない。
  (通常、明日死ぬことが判るようなシチュエーションってない。あるとしても戦争やテロ組織などからの身柄拘束等でしょうが、その時は色々な面で今と状況が違うのでその時の事を今考えても意味ないでょう)
  
  とりあえず、残り24時間後に苦しまずに死に陥るという仮定で一日をどう過ごすかを考えてみた。
  
  
  
  【 午前中 】
  
  とりあえず会社に行く。現在行っている仕事の引き継ぎ、パソコンのパスワード関係、事情などをもろもろと伝える。
  その後、お世話になった人、お客様にお礼を伝えるため。
  
  
  【 午後より 】
  
  子供たちが喜びそうなところに連れて行く。
  晴れていたら動物園に連れて行くか、雨だったら水族館、ショッピングだろうか。
  好きな物を見せたり、好きな物を食べさせたり、好きな物を上げたりしたい。
  要は子供達の笑顔をたくさん見たいし、パパ大好きと言ってもらいたい。
  
  本当は子供たちに色々な体験をさせたいのだが、1日という短い時間でできることは限られている。
  自然とこのような小イベントを行うことになってしまう。
  
  夜は両親を含めた家族全員で食事をとる。お礼を伝えたい。
  
  デザートは大好きなアイスケーキを食べようじゃないか。
  
  
  【 子供たちが寝たら 】
  
  子供たちと一緒に布団に入り、子供達が寝るまで添い寝する。
  子供が寝たらムクリと起き、妻と今後の子供の事について話し合う。
  
  子供、奥さん、両親、親戚、友人、恩師、会えなかった人などに感謝の手紙を書き、最後にブログに自分の気持ちなどを綴る。
  そして涙しながら死の時間を待つだろう。。。
  
  
  
 ●半年後に死ぬと判った場合
  
  この間にかなえられる夢があれば、その夢に向かって全速力で取り組む。
  
  また、子供達に色々な経験をさせたい。たとえば海外旅行や国内旅行など。
  
  子供が成長した時に読んでもらえるような、冊子も作りたい。
  
  
  ちなみに私がいつも考える6つの事項についても考えてみた。
  
  健康…3か月後に亡くなるのだからあまり気にしないだろう。
  
  家族…健康が亡くなったのだから一番大事な項目。
     上に書いたように子供に色々な経験をさせたい。
     
  仕事…適当なタイミングで辞める。
  財力…お金は
  教養…これもあまり意味がなくなる。宗教本とか読み出すかも。
  趣味…バスケを適当にする。
  
  
  
  
  書いてみてわかったが、自分が何を一番大事にしているものが改めて分かった。やっぱり家族だった。
  (仕事・友人・HPもちょっぴり入っていた)
  
  死ぬ時に後悔無いように生きたいが、きっと難しいんだろうなぁ。
  
  あなたは、明日死んでも後悔しませんか? 


 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

Get Adobe Flash player