5月 082011
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ソフト開発者は自らWebサービス、スマフォアプリを創りだし、市場に公開すべき
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Post to Google Buzz
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

昨日、以前勤めていた会社の後輩達と飲みました。
彼ら曰く、

『去年は、給料カットされました。
 そして今年は昇給なしだったんです。
 あんな会社、もう辞めますよ。』

 

狭いパイ(仕事)の奪い合いになると、必然的に価格競争になります。

価格競争で利益が少なくなると、社員に払える給料が少なくなります。

福岡には東京に比べるとパイ自体が少ないので、このような事が起きているようです。

そういえば他のソフトウェア会社に勤めている先輩も、同じような事を言っていました。

『 うちの会社やばい、もうすぐ潰れるかもしれない。 』

以前のようにエンドユーザからまとまった仕事(お金)を貰い、
それを大人数で開発、そして納品する。

このような仕事は間違いなく今後少なくなります。(あっても叩かれます)

これからのソフト開発は、薄利多売

安く売って、多くの人(法人、個人)に使ってもらう。

間違いなくこれです。

今の個人ではそれが簡単に出来るのです。

Webサービス、スマートフォン(iPhoneAndroid)のアプリを簡単に作る事が出来ます。

インターネットを使い、多くの人に知ってもらう、使ってもらうチャンスがあります。

厳しくなっているが、実は大きなチャンスでもあります。

是非、自分のアプリ、サービスを造ってください。

私も既にWebサービス(お買い得.net)を公開しています。
もちろん1人で造りました。(トップデザイン除く)
近日中に、Andoroid、iPhone版(こちらは協力者作成)も公開する予定です。
案も沢山あります。次のアプリ、Webサービスが造りたくてウズウズしています。

私の事を知っている人は解ると思うのですが、こんな私でも出来るんです。

案外簡単に開発できるので、一歩踏み出して下さい。

待って守るばかりではなく、一歩踏み出し攻めに転じましょう。
ソフト業界で何も行動せずにいると、いつのまにか淘汰されます。

行動すれば間違いなく路が開けます。


 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

Get Adobe Flash player