10月 152012
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 福岡起業塾2012 2回目の講義 2012年10月8日(月・祝)  
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Post to Google Buzz
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

 

2回目の講座を受けて来ました。

何と、前回より出席率悪し!! 何考えとんじゃぁーっ(怒) と思いましたが、人は人、自分は自分と割り切り気にしない事にしました。そうしないと講義に集中できないですからね(笑)

受講内容のメモです。

 

起業家講演 『会社を起動にのせるまでの道のり』 

実際に会社の代表である 有限会社 Alive Cast の中村 理さんに来ていただき、実体験を踏まえた講演をして頂きました。ホームページ制作を主にしている会社です。 結論から言うと、ものすごーーーっく タメになりました。 しゃべり方は何だか疲れた感じで話すのですがw、とてもわかり易く話してくださるので頭にスルスルっと入ってきました。

最後にちょっとした営業をしてました。 『 ホームページを作れるCMSを特別料金で提供!』 『月5,800円で弊社にとっては殆ど利益なし。今回は、皆様を応援したいので格安で提供します!』 的な事を言っており、数名から名詞を貰っていました。これはあまり好感がもてませんでした。 利益なし!を言わなければ、別に問題なかったのですが。。。 知ってる人からするとそんな言葉は嘘っぱちですからねぇ~。しかも定期収入型の一番美味しいビジネスモデルですし。。

とまあ、こんな事を言っておりますが、とても素晴らしい事を言っていました。素直に尊敬です。まとめ、まとめ。

  • 起業は30代前半ぐらいが丁度良いと言われている。(中村社長は42歳で起業) 40~50の起業家は多いが年齢的には厳しいと思う。
  • 起業当初は自宅で作業を行っていたが、良い事はあまりなかった。独りで作業を行っていると、誰ともコミニケーションを取らないので妄想ばかりが膨らんだ。最終的にはうつ病になった。
  • 市にプレゼンをして、福岡市創業者育成施設条例適用企業になった。おかげで、商工会議所にあるインキュベート施設を格安で借りることが出来た。周辺会社の1/4ぐらいで借りれた。インキュベート施設には仲間がいて、色々と相談に乗ってくれたり、助けてくれたりした。
  • 博多区、商工会議所にある会社は、きわめて信頼度が高い。
  • 最初はアルバイトを雇ったが、成長したら辞めていく。また一から教えてたりしていた。
  • ホームページ制作メインの会社だが、今後はストックビジネスに移行しようとしている。
  • ホームページ制作の案件開拓は、主にセミナー筑邦銀行さんで社長を相手にセミナーを行っている。ターゲットは経営者。4年もこの事が解らなかった。
  • 中村社長は福大時は落ちこぼれだった。(誰かと同じwww)
  • 開業当初は、自宅で商品開発を行った。ノースキルからはじめ、3ヶ月であるポータルサイト(コーチングコーチとクライアントをマッチングさせるサイト)を制作した。商品完成後、営業を行う必要があったが、開発で精魂尽き果てて営業を行う気力が無くなっていた
  • 商品制作後、営業を行うのでは無く、営業しながら商品をブラッシュアップしなければいけない事をしった。
  • コーチング事業を開始したが、説明がものすごく複雑で大変。導入困難。この頃、福岡市創業支援をうけて、先生に相談した。先生にコーチング事業を一旦止めて、サイト制作そのものをビジネスにした方が良いとアドバイスを受けた。目からうろこだった。
  • セールスフローを必ず作るべき。やってる会社少ない。(起業して5年後に気づいたこと)
  • 幅広く手を広げない。広げる際は、シナジー(相乗効果)があるものを選ぶべき。
  • 創業時は働き続けること。(3年間毎日出社していた。収入がないとメンタル的に休めない。)
  • 交流会にいったら起業家ではなく、企業家に合うようにする。起業家はお金、ノウハウをあまり持っていない。
  • 交流会に行ったら、自ら話しかけない。
  • 今受けている仕事の4割がスマートフォン関連。凄い勢いで受注が増えている。
  • B2Bは実績、機能が大事。B2Cは、面白いことが大事。 例:Line
  • メールは、個人用と社員全員用の2つ用意すること。 ozamoto@hoge@co.jp、info@hoge.co.jp

 

 マーケティングの基本  by 遠藤先生

  • SWOT分析(Strength:強み、Weakness:弱み、Opportunity:機会、Threat:脅威)
  • マーケティングミックス(4P)の最適化(Product:製品、Price:価格、Place:流通・立地、Promotion:販売促進)

 

マーケティング講義時に以下の問題を遠藤先生より出された。

Q.以下のフランス料理屋さんの収益を想像して下さい。潰れますか? 細々とやっていけますか? ベンツかえるぐらい儲かりますか?

住所:閑静な住宅街
業種:プチ・フランスレストラン
店舗:約10坪(33㎡)
席 :13席(6席かけテーブルx1、カウンターx7)
費用:メニュー無しで ランチ1,200円、ディナー6,000円
特徴:大人の隠れ家的な感じ(子供入店は基本不可)
時間:11:00~14:00、19:00~25:30
その他:従業員は一人(オーナーシェフ)
ランチもディナーも13色しか作っていない
昼、夜ほとんどが予約のお客様
夜は当然お酒でます(主にワイン)
駐車場2台停めれる
 

売上を想像しよう! という事で数字に当てはめて想像する。(max)

昼の部:1日当たり 1,200円 x 13食 = 15,600円
夜の部:1日当たり 9,000円 x 13色 = 117,000円

日計: 132,600円
月計: 3,712,800円 (28日換算)
年計: 44,553,000円
 
月で考える。
原材料費:ロス率少ないので25%と考える(通常のロス率は40%) 928,200
3,712,800 - 928,200 = 2,784,600円 ・・・粗利
その他経費(15%) 555,000円、家賃 100,000円 、人件費 500,000円、税金? 925,000円
経費合計で 2,080,000

営業利益:704,6000

ベンツも買えてしまう。上手にやれている。戦略勝ち。

 


 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree

Get Adobe Flash player